初心者なのに倶留尊山登ったよ

 

f:id:harukinmk:20171130204258j:image

 

登山やりてぇ!と思ったのは、栗城史多さんの「NO LIMIT」を読んだから。しかも、高校生のとき。

 

登山家はカッコいい。とずっと思ってた。

 

 

あれから、5年くらい経つのかな。ようやく、登山始めた。

 

登山を始めた。と言っても、本当に何もわからないし、お金がないので装備は買えず。

でも、とりあえずさ登ってみようよと言って、三重県奈良県にまたがる倶留尊山(くろそやま)を登ることにした。

 

f:id:harukinmk:20171130204332j:image

本当は倶留尊山に行く途中の曽爾高原(そにこうげん)だけでも行けたらいいやと思ってた。

 

山登るのは体力的にキツそうと思ってたから。

 

f:id:harukinmk:20171128005133j:image 

曽爾高原はこんな感じで、秋はススキがとても綺麗。

 

f:id:harukinmk:20171130204504j:image 

そうこう言ってるうちに、標高900mのところまで来て、あれまだ全然行けそうだわ。あと100mくらい余裕だわ。って言って、グングン登って言ったのだけど、 

 

実は僕の格好は、ジーパンにスニーカーでした。

 

 一番はじめに登ったのが金剛山だったので(全ての道が舗装されている山)、登山靴じゃなくても大丈夫そうかなって思ってた。

 

完全になめてました。山をなめてました。

 

f:id:harukinmk:20171128005918j:image

そして、たどり着いた二本ボソのてっぺんです。

 

ちなみに、この標高は二本ボソを登った人がてっぺんで測って、わざわざ家に帰って作って来てくれたらしい。

やから、数字が少し違うねん。

 

って、小屋にいた管理人に教えてもらった。

 

 倶留尊山まで行く体力はもうなかったけど、日本300名山の一つ。って言われたら、登るしかないってなってしまったよね。

 

f:id:harukinmk:20171130204227j:image 

気力で登った1000m級の山、良かったよ。

 

次はちゃんと登山靴を履いて行きます。