フィリピンのスラム街「スモーキーマウンテン」の今を見てきた話。

f:id:harukinmk:20170706122015j:image

 

 

どうも。

 

 

途上国と呼ばれる国に住む人々に興味を持ってから、ある写真が目につくようになりました。

 

f:id:harukinmk:20171002221440p:image

「スモーキーマウンテン」と検索すると出てくるこの写真です。

 

ごみ山の中で作業する人の姿が印象的なこの写真はいつまでたっても忘れることができず、ついに行ってみたいと思うようにまでなりました。

 

今、ごみ山はどうなっているのか、フィリピン・マニラにあるスモーキーマウンテンに行ってきました。

 

 

スモーキーマウンテンとは

 

 

 

スモーキー・マウンテン(英語: Smokey Mountain)とは、フィリピンマニラ市北方に位置するスラム街のことである。名称の由来は、自然発火したごみの山から燻る煙が昇るさまから名付けられた。

かつては海岸線に面した一漁村であったが、1954年に焼却されないゴミの投棄場になった。それ以来からマニラ市内(マニラ首都圏)で出たごみが大量に運び込まれ、ゴミの中から廃品回収を行い僅かな日銭を稼ぐ貧民(スカベンジャー)が住み着き、急速にスラム化した。

1980年代後半頃から、フィリピンの貧困の象徴として扱われるようになった。政府は、国のイメージが損なわれることを理由に閉鎖を決断。住民は、公共住宅をあてがわれ強制退去させられたが、一部の住民はスモーキー・バレーをはじめとする別の処分場周辺に移り住み、従来通りのスカベンジャーとしての生活を続けている。

引用元:スモーキー・マウンテン - Wikipedia

 

スモーキーマウンテンに向かう

 

 f:id:harukinmk:20170703111529p:image

ジプニーと呼ばれる乗り合いバス

 

泊まったホテルの近くにいた人に声をかけて、スモーキーマウンテンに行く道順を紙に書いてもらいました。

 

そのホテルはマニラの中心街にあり、そこからジプニーを3回乗り継ぎました。

 

1回乗って7ペソなので16円くらいでしょうか。往復だいたい100円の計算です。

 

安い。

 

しかも、ジプニーをはじめて乗ったとき、バスの乗り方が分からず、あたふたしてしまいました。

 

ジプニーに乗ったら、すぐにお金を運転席に座ってる誰かに渡す仕組みだそうです。

 

 f:id:harukinmk:20171101001145j:image

 

親切なおじさんや、おばちゃんに助けられて乗り継ぎの場所などを教えてもらいました。

 

しかし、どこに行くの?と聞かれて、

スモーキーマウンテンに行きます。と答えていると、

 

「スモーキーマウンテンに一人で行くのは危ないから、日が沈む前には帰りなさい。」

 と忠告されました。

 

 

そして、確かにスモーキーマウンテンに近づくに連れて、明らかにジプニーの雰囲気が変わっていきました。

 

f:id:harukinmk:20170703001552j:image

 「ここだよ」と降ろされた場所は異様な雰囲気を醸し出していて、川にはたくさんのごみが浮いていました。

 

今回、現地の人から忠告を受けたので周りから見るだけにする予定でしたが、偶然子どもたちが話しかけてきてくれて、案内するよと言ってくれたので、奥まで入らせてもらいました。

 

 どんな暮らしをしているのか?

 ぼくのイメージは写真の通り、ごみ山からお金になるものを取ってきて、換金して生活するというものでしが、現状は全く違いました。


f:id:harukinmk:20170703110611j:image生ゴミからでる悪臭はしないです。たくさんの種類のゴミを細かく分別しているようでした。
f:id:harukinmk:20170703104437j:image

出会った子どもたちに案内してもらいました。

 

ごみ山はなく、全て埋め立てられていました。ほんの少しごみが見え隠れしている程度でした。

 

驚いたのは、この埋立地でバナナや野菜を栽培していたことです。

 

さらに運動場のような場所もできていました。

f:id:harukinmk:20170703104553j:image

簡易なバスケットゴールがあり、運動できるスペースがありました。

f:id:harukinmk:20170703104000j:image スモーキーマウンテンから見える、発展しているマニラの中心部。

 

もちろん、スモーキーマウンテンに住んでいる人もいますが、ほとんどの人はスモーキーマウンテンのすぐ横にある集合住宅に住んでいます。

f:id:harukinmk:20170703104039j:image

集合住宅の中も案内してもらいました。

 

家の中は家族で住むにはすこし狭いですが、この雰囲気を例えるとしたら、一人暮らしの大学生の家の中とよく似ています。カオスな感じがね。

f:id:harukinmk:20170703104107j:image

f:id:harukinmk:20170703104139j:image

テレビゲームをやっている子やフェイスブックをやっている子、様々です。

 

奥に進むと共同スペースがあり、パソコンやゲーム機が並んでいました。中学生くらい子はフェイスブックのアカウントを持っていますし、メッセージのやりとりもしていました。

 

住宅内にこのようスペースがいくつもありました。

 

 

まとめ 

 パソコンに触れる機会があることは驚きでした。各階の共同スペースにパソコンが何台も並べられていました。

パソコンがあって、インターネットに接続できることは貧困層から抜け出せる可能性があるということだと思います。

 

 それに、フリースクールが見つけただけでも2つありました。

 

そして、外部の人間に対しての反応ですが、大人は笑いかけてきたり、じっと見つめてみたりと色々でしたが、一部を除いて子どもたちはあまり興味を示さなかったりすることから、慣れているのかなと感じました。

 

 

また、イメージしていたごみを漁る姿はどこにもなく、まだまだ問題は山積みかもしれませんが、ぼくの目には、普通の集合住宅に見えました。

 

この「普通」というのは、優しさや気遣いを持っている子どもたちがいて、笑顔のある場所だったから感じたのかもしれません。

 

それでは、また!

 

 

 

その他にも

 

harukinmk.hatenablog.com